-ダイモンのブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8.1で、3TBのHDDを増設する

こんにちは。
先日PCをWindows8.1にアップデートしましたが、今回はそのWindows8.1を使って、HDDの増設をしてみたいと思います。

実は以前、Windows7で2TBのHDDを増設した際にも記事を投稿しており、手順はほとんど同じなのですが…
今回は、3TBのHDDを増設するので、パーティションスタイルをMBRではなくGPTにするのが大きな違いです。
(Windows7のときは、2TBのHDDで、MBRを選択しました)

【ブログ内 過去記事】
Windows7でHDD増設してみた

とにもかくにも、まずはPCにHDDを接続する


では、早速行ってみましょう。
増設したのは、WD30EZRX-1TBP(WesternDigital Green/3TB)
Sofmap.comで10551円でした。


まずはPCの箱を開けて、3.5インチドライブベイにHDDを挿入、SATAケーブルとSATA電源ケーブルをつなぎます。
131219_0945~01m
(ケーブルが多すぎて、もはやカオス状態…)

HDDを接続したら、PCを起動しましょう。

1.デバイスマネージャで、HDDを認識しているか確認


この時点では、PC(旧:マイコンピュータ)を確認しても、新しいHDDが見つかりません。
新品のHDDを利用するには、これから行うフォーマットの作業が必要になります。
03-接続後のPC2

なお、デバイスマネージャでは、すでに新しいHDDを認識しています。
02-接続後のデバイスマネージャ
↑今回増設したのは、WD30EZRX

2.ディスクの管理を開く


では作業を始めましょう。

画面の左下(スタートボタンの位置)にマウスカーソルを移動し、右クリックします。
出てきたメニューの中から、「ディスクの管理」をクリックしてください。
04-ディスクの管理

ここで「ディスクの初期化」ウィザードが出た場合は、次の手順「3.ディスクの初期化」に進んでください。
05-ディスクの管理起動

出ない場合は、画面下部から「不明」となっているHDDを探し、そこを右クリック→ディスクの初期化 をクリック。
06-ディスクの管理_未割当m
06-ディスクの管理_未割当3-初期化

3.ディスクの初期化 ~通常はMBR、2.2TB以上のHDDではGPT~


「ディスクの初期化」ウィザードが表示されたら、パーティションスタイルをMBRまたはGPTから選択します。

今回は3TBのHDDを増設したので、GPTを選択し「OK」をクリック。
07-ディスクの初期化_GPT


▼MBRとGPTの選び方

基本的には、これでいいと思います。
●2.2TB以下のHDD⇒MBRを選択
●3TB以上のHDD⇒GPTを選択


MBR(Master Boot Record)
・古い規格
・2.2TB以下のHDDでしか使えない(それ以上は認識しない)
・WindowsXPでも使える

GPT(GUID Partision Table)
・新しい規格
・2.2TB以上のHDDでも使える
・WindowsXPでは使えない
(正確には、64bit版WindowsXPでは使えるのですが、そんなの使ってる一般人はまずいない)

つまり、WindowsXPでは、3TBのHDDは使えないということ。
また、XPの場合AFTの問題もあるので、今からXPのPCでHDDをどうこうするのは結構面倒。
サポート終了が2014/04/09にせまったWindowsXPですが、すでに時代遅れのOSとなっています。

▼3TB以上のHDDをブートドライブにするには、条件がある

今回はデータドライブに使うので関係ありませんが…
3TB以上のHDDをブートドライブ(WindowsそのものをインストールするHDD。つまりC:ドライブ)として使う場合、WindowsVista/7/8/8.1の64bit版であること、マザーボードがUEFIに対応することWindowsのインストールディスクをUEFI経由で起動させることなどの条件があります。

やや上級者向けなので、3TB以上のHDDは、今回のようにデータドライブとして使うのが無難です。
詳しくは以下のサイトを参考に。
これで楽勝!? 3TB HDDをWindowsで使うツボを解説
3TB HDDはPCを選ぶ!? 確実に使える環境やテクを一挙紹介

初期化が完了すると、「不明」となっていた部分が、「オンライン」に変わります。
08-ベーシック、オンラインm

4、新しいシンプルボリュームの作成


次に、「未割り当て」となっている部分を右クリック→「新しいシンプルボリューム」 をクリック。
09-新しいシンプルボリューム

すると、新しいシンプルボリュームの作成ウィザードが始まります。
そのまま「次へ」をクリック。
10-新しいシンプルボリュームウィザード

ボリュームサイズを選択、デフォルトでは最大分割り当てになっています。そのまま「次へ」
11-新しい_MAX

ドライブ文字の割り当てを決めます。
ここで選択した文字が、今後PC(旧:マイコンピュータ)を開いた際に『ローカルディスク(D:)』といった具合で表示されることになります。
今回は、Nを選びました。「次へ」をクリック。
12-ドライブ文字_N

「このドライブを次の設定でフォーマットする」「クイックフォーマットする」にチェック。
「ボリュームラベル」は、PC(旧:マイコンピュータ)を開いたときに表示される名前になります。
今回はそのまま「ボリューム」としておきました。
13-ボリューム、クイックフォーマット

なお「クイックフォーマット」のチェックを外すと、フルフォーマットになり、作業には恐らく数時間かかることになります。
HDD購入後の初期不良確認のため、フルフォーマットをするという人もいますが、面倒なので今回はクイックフォーマットにしておきます。

「次へ」をクリックすると、最終確認が表示されます。
問題がなければ、「完了」をクリック。
クイックフォーマットであれば、ものの数秒で作業は完了します。
14-ウィザード_最終確認

5、作業完了


お疲れ様でした。
これで作業は完了です。

『ボリューム(N:)』『正常』と表示されています。
15-終了_ディスクの管理N

PC(旧:マイコンピュータ)を見ると、新しいHDDが利用可能になっています。
16-終了_PC_Nドライブ272TB

【ブログ内 関連記事】
Windows7でHDD増設してみた

【Windows8.1 関連記事】
Windows8の新機能「リフレッシュ」がなかなか便利だった
Windows8.1にアップデートしてみた&アップデートで発生した問題
Windows8.1で利用できる、バックアップや回復のための機能
◆Windows8.1で、3TBのHDDを増設する(この記事)

- ダイモンのブログ 過去の主な記事一覧 -
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://bartlettjp.blog133.fc2.com/tb.php/495-ca9f536c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Emmett

Author:Emmett
【生態】
えめっと。
近畿圏に生息、ついにティーンエイジャーを卒業してしまった男。

【趣味嗜好】
オタク、Keyファン。
主にergクラスタだが、AngelBeats!以来アニメも見る。

そろそろ新しいPC組みたいなー、と思っている今日この頃。

詳しくはココ

【連絡先】
適当な記事にコメントしていただくか、TwitterのDMあたりでどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
最新コメント
最新トラックバック
ひとりごと。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。