-ダイモンのブログ-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google プライバシーポリシー改定に隠された罠 ~アンチのための脱・Google講座~

クリックで拡大
普段からGoogleのサービスを利用している方はもうご存知でしょうが…
先日から、Googleのプライバシーポリシー変更がちょっとした話題になってます。


Google プライバシーポリシー改訂統合に隠された罠

Googleが現地時間24日、3月1日から新しいプライバシーポリシーを
導入すると発表しました。
Googleはこれまで提供していた各サービス別70のプライバシーポリシーを
廃止し一つに統合。これに伴いGoogleはすべてのサービスで
ユーザーの行動を追跡・記録し、その内容を他のサービスに反映することが
可能になります。

ユーザーがYoutubeでビデオを視聴すれば、その内容をGmailでの広告に
反映したり、Google mailでのメールの内容をGoogleのソーシャルネットワーク
Google+に利用することが可能になります。
Android端末を利用すれば、その内容はPCでの検索結果などにも
反映されるということです。

プライバシー問題を扱っている団体は、Googleの方針変更はある
Webサイトで入力した情報が、他のサイトで利用されることはないと
考えている一般ユーザーの信頼を裏切るものとコメントをしています。

残念ながら、新しいプライバシーポリシーをオプトアウトすることは不可能。
インターネット上でのすべての行動がGoogleに掴まれ、利用される日が
刻一刻と近づいてきました。


ソース:http://www.washingtonpost.com/business/technology/google-tracks-consumers-across-products-users-cant-opt-out/2012/01/24/gIQArgJHOQ_story.html



Googleは「邪悪」になっていく? ユーザーの全データをサービス横断で利用

Googleのプライバシーポリシーは、これ以前からサービスをまたいでデータ共有する方向にシフトしつつありました。ユーザーの匿名性は一貫して失われています。Google+で実名が必要になったのもそうですし、Google+とGmailのアカウントもひもづけられようとしています。ただ、今回発表されたポリシー変更はさらに大きなステップです。Google+でのプライバシーの取扱いが大きな問題になったことを思うと、ユーザーのプライバシーを今以上に活用する方向に動いて大丈夫なのか、心配になります。

今回のポリシー変更によって、ユーザーが検索したデータや送信するメール、Google Mapsでチェックした場所、YouTubeで見た動画、Google+でのやりとりといった膨大なプライバシー情報がすべて一カ所に集められることになります。Androidユーザーであればさらに影響は大きく、Latitudeを使っているとリアルタイムの位置情報や、Googleウォレットのデータなども他の情報とひもづけられてしまいます。またGoogle+に登録している人なら、Googleは基本的に実名(またはすごい有名人なら芸名や通称)も把握しています。


3/1からGoogleのプライバシーポリシーが全サービスで統一され、全サービスにわたって横断的に、Googleがユーザーの情報を収集・データベース化、広告表示に利用されるようになるわけです。

日々の検索やWEBブラウジング、メールでのやり取りなど、ひとつひとつのデータは意味を成さなくても、すべて統合し、データベース化すると、住所や仕事、趣味や行動範囲などの個人情報が分かってしまう可能性がありますよね。
まさに今回、Googleはそれを実行しようとしているわけです。


Googleにお前らの年齢、性別、趣味がバレバレ!!!
Googleにお前らの年齢、性別、趣味がバレバレだぞ!!


参考までに、Googleアカウントを持っている人はGoogleのAd Preferencesにアクセスしてみてください。
すでにGoogleは、検索キーワードなどから私たちの年齢や性別、趣味や職業の予想を出して、Googleの広告(Ads by Googleって出てるやつ)に生かされています。

ちなみに私の場合…
>>カテゴリ
>インターネット、通信事業 - ウェブ サービス - ウェブデザイン、開発
>ゲーム - TV ゲーム、PC ゲーム
>コンピュータ、電化製品 - ソフトウェア - インターネット ソフトウェア - インターネット クライアント、ブラウザ
>コンピュータ、電化製品 - ソフトウェア - ユーティリティ ソフトウェア
>ビジネス、産業 - 航空、防衛
>フード、ドリンク - 飲食店

>>ユーザー属性
>年齢: 25~34 歳
>性別: 男性

俺は30歳前後のおっさん趣味だったのか…


この「ユーザーの意思にかかわらず個人情報を収集し、それを売り物にする」かのような暴挙に、ネットユーザーの間で動揺が広がっているわけです。

そして今回のプライバシーポリシー変更を受けて、Microsoftが「Googleから乗り換えようぜ!」キャンペーンを開始ww


マイクロソフトが公式ブログでGoogleからの乗り換えを提案! 批判広告も
マイクロソフトが新聞広告でGoogleを批判! Googleブチギレw


米マイクロソフトは1日(現地時間)の公式ブログでGoogleの各サービス利用者に向け、マイクロソフトのサービスへの乗り換えを薦めている。新聞広告でも同様の内容を掲載した。
(中略)
そうした批判をしたうえで、GoogleのGmailではなく自社のHotmailを、Google検索ではなく自社のBingを、さらにインターネットエクスプローラやOffice 365の使用を推奨している。アメリカではライバル企業を批判する比較広告は消費者の利益になるものとして定着している。


さらに翌日、MicrosoftはGoogle運営のYoutubeに、メールを盗み見するGmail Manの動画を投稿ww


うはww
アメリカはいろいろとフリーダムで愉快だわww



さて、というわけで、各所で脱・Google特集が組まれていたりするわけです。
アンチのための「脱・グーグル講座」~ベストな代替サービスをご紹介します~

これを機に、実は私もここ数日、検索ではBingを試しています。
私はHotmailユーザーなので、ブラウザのスタートページはiGoogleとmsnの2つを使っているのですが、以前からBingが実用に耐えうるならmsnメインにしても良いかなー、とは思っていたんです。

今のところ、Googleに比べて検索精度が致命的に悪い、ということはありません。
(ちなみに、一部ではGoogleよりもBingの方が検索精度が高いのでは?って話も出ています)


もっとも、Googleは今まで長年利用して、検索結果が私好みに改変されてるのでどうしても結果に差は出ますが。。
参考までに、私がGoogleで「Wikipedia」って検索すると、2番目にAngelBeats!のWikipediaページが出る。どんだけー…
google-wikipedia.jpg


まぁ新プライバシーポリシーの適用は3/1からなので、それまでもう少し使ってみて、使用感など確かめながら選択したいと思いますー。

※注。
BingはMicrosoftの提供する検索エンジン。msnはMicrosoftの提供するポータルサイト。
iGoogleはGoogleの提供する、個人でカスタマイズできるポータルサイト。



ちなみに、検索エンジンとしてはYahoo!Japanが現在日本でGoogleに次ぐシェア2位(たぶん)ですが、こちらはGoogleと同じ検索ロジックを使用しており、またYahoo!JapanのTOPにはデジタル系のニュース表示がないのが気に入らないので、今回は選択肢に入りませんでした。
msn-top.jpg
yahoo-top.jpg
↑Yahoo!JapanTOPにはIT系ニュースが一切表示されない。。
ただ、電車の乗り換え検索はYahooが一番使いやすいので、これだけは毎回Yahoo!Japanから利用している。


おまけ。


人は成功して偉くなると変わってしまうのか...いまとなっては懐かしいグーグルの謙虚な姿勢を発掘!

ポータルというのは、できるだけ自社が用意するコンテンツにユーザーを惹きつけておきたいとの思いで検索サービスを提供するものですが、それは問題だとグーグルは考えています。多くのポータルが、自社コンテンツを他のオンラインコンテンツよりも上に表示する方針を採用しているのは事実ですが、それは最高の検索結果からは程遠いものです。ユーザーにとって最良の検索結果ではなく、単にポータル提供側の都合で操作された検索結果に過ぎません。グーグルは、このような悪しき慣習からは絶対に距離を置き、他とは異なる公平なモデルでサービスを今後も提供していきます。


かつてのGoogleはこんなにも謙虚だったのにどうしてこうなった…
まぁGoogleとて、結局はただの広告代理店なわけで、収益を上げるためにはよりユーザーにあわせた広告を提供する必要がある、ってことですわなー。。


ブログ内関連記事
Google、msn、Yahoo!の各ポータルサイトと検索用ページ
 ~msnベータ版対象者に選ばれた~

Googleの「音声案内」「IME」「無線LANスポットをスキャン」は何に使われるのか
 ~モバゲーとフリーミアムの仕組み~

いつのまにやら、Googleロゴが。

-ダイモンのブログ トップへ-

関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://bartlettjp.blog133.fc2.com/tb.php/337-325bd41f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

Emmett

Author:Emmett
【生態】
えめっと。
近畿圏に生息、ついにティーンエイジャーを卒業してしまった男。

【趣味嗜好】
オタク、Keyファン。
主にergクラスタだが、AngelBeats!以来アニメも見る。

そろそろ新しいPC組みたいなー、と思っている今日この頃。

詳しくはココ

【連絡先】
適当な記事にコメントしていただくか、TwitterのDMあたりでどうぞ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
最新コメント
最新トラックバック
『フレラバ』デレるブログパーツ





ひとりごと。

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。